Exhibitions Information イベント・展示会情報

建機アタッチメント

掴む

建機アタッチメント、または建設機械アタッチメントとは、油圧ショベルをはじめとした建設機械に装着して、多種多様な建設・土木現場での工事に使用するためのもの。
通常、油圧ショベルの先端には掘削用のバケットが取り付けられている場合が多いが、これを取り外し他のアタッチメントにつけ替えることで、1台の油圧ショベルの多種多様な現場へのアプリケーションを可能にする。
油圧ショベルの用途は通常のバケットによる掘削・整地作業だけではない。アーム先端に装着するアタッチメント次第で、木造家屋の解体、鉄骨・鉄筋ビルの解体、金属スクラップのハンドリング、地面の杭打ち、軟弱地盤の改良、採石現場での切削、山林での伐採、草刈り伐開作業、塗装の剥ぎ取り、紛争地帯での地雷除去などあらゆる作業をこなすことができる。市街地、平地、畑、山林、採石場、ビル解体現場、線路上、水中など、油圧ショベルが進入できる場所であれば地球上どこでも作業を行うことができる。
建機アタッチメントには大きく分けて、機械式と油圧式が存在する。
機械式の建機アタッチメントは、油圧ショベル本体のアームやバケットシリンダーの動きに同調して動作する。本体に油圧機構をもたないため、油圧配管が不要である。油圧式の建機アタッチメントと比較して、構造は簡素であり販売価格も安価な場合が多い。機械式アタッチメントの利点は、取付が簡単なこと、メンテナンスがしやすいこと、購入価格とランニングコストが安価なことなどだ。丸順ではフラッグシップモデルである『Zフォーク』をはじめ、『3本ピンZフォーク』『ストレンジャーバケット』『ミラクルカッター』『コンクリートクラッシャー』『スケルトンバケット』『Mバケット』『法面バケット』『伐根eチョッパー』『エクステンションアーム』などがこの機械式に該当する。市場では、掘削やスクリーニングを用途としたバケット類や手軽に装着して使用できる機械式のつかみ機がポピュラーとなっている。
油圧式の建機アタッチメントは、内部に油圧シリンダー、モーター、ローテーター、アクチュエーターなどを搭載し、油圧ショベル本体のポンプを油圧源として稼働する。装着にあたっては油圧ホースの接続が必要となる。油圧機構を搭載するため、機械式の建機アタッチメントと比較して構造は複雑であり販売価格も高くなる場合が多い。油圧式アタッチメントの利点は、搭載する強力な油圧シリンダーやモーターの力により作業対象を自由自在かつスピーディーに処理できることだ。丸順では、油圧シリンダーで開閉する『チルトZフォーク』や油圧モーターにより360度旋回する『ロータリーZフォーク』、4~5基のシリンダーとモーターを搭載する大型の『オレンジグラップル』などのつかみ機をはじめとして、その他にも数々の製品・仕様をラインナップしている。その他の油圧式建機タッチメントの例としては、大割機、小割機といったコンクリート構造物むけ圧砕機、コンクリートを叩いて破壊するブレーカ、鉄骨カッターといった鉄骨鉄筋構造物を解体するためのアタッチメントなどが市場ではポピュラーとなっている。
建設現場での油圧ショベルは運搬機かつ動力源であり単体では活躍できない。そのアームの先端に装着されるアタッチメント次第で、あらゆる現場でのあらゆる作業に対応することができる。油圧ショベルの利用価値と可能性を高め、多種多様な現場で要求されるタフなタスクをこなすために、建機アタッチメントは必要とされている。現在、国内外に様々な建機アタッチメントメーカーが存在しそれぞれがユニークな製品を提供しているが、この現場のニーズに応えるという目的は共通している。